1. ホーム
  2. お金を掛けない
  3. ≫お金を掛けずに口臭を予防・改善する方法-その2-

お金を掛けずに口臭を予防・改善する方法-その2-

前回に引き続き、お金を掛けずに口臭を予防・改善する方法について多くの方の意見を紹介していきますので、少しでも参考になればと思います。

重曹で歯や歯茎を磨くと効果ありです

歯磨きの時に、市販の歯磨き粉でなく「重曹」を使うと、だいぶ口臭が軽減されます。

私も一時悩んでいましたがこれを使うことでましになりました。重曹といっても洗濯に使うようなものでなく、お菓子作りに使うものを使用します。

使う量はほんの少しです。
歯ブラシの半分くらいの量をつけて、あまり力を入れずに磨きます。

このとき、歯だけでなく歯茎や舌も磨きますが、特に優しく磨かないと時々粘膜が切れてしまうことがあるので注意が必要です。重曹は匂い消しだけでなく、研磨作用もあるからです。

慣れないうちは重曹で磨いた後、口中がキシキシするような気がしますが、すぐ慣れます。また、重曹はしょっぱいために、口の中に残らないよう十分に口を漱ぐことが大事です。

口臭が完全に治るとは言いませんが、お金もそれほどかかりませんし、試してみる価値のある方法です。
 

歯間の掃除

口臭の原因はいろいろあるが、年齢も若い場合は歯間に挟まった食べ物などが原因になっていることが多い。その為、歯間ブラシを使っての掃除や歯と歯茎の間に溜まった歯垢などを取るようにすすめる。

特に汚れがたまりやすいのは歯の治療をした後や、くぼんだ場所に溜まりやすかったりする。

私の場合は奥歯に生えた親知らずを抜いたあとに大きなくぼみができてしまいそこに食べ物や唾液も溜まってしまい臭いが出るようになってしまった。

その穴にガムを入れて出したりすると強い臭いを放ち、少しだけ口臭が緩和されることがある。

しかし中途半端にやると臭いを出して終わり、いうことになりかねないのでこういった掃除をする場合は中途半端にせずしっかりと掃除をすることを勧めたい。
 

口臭は食べ物から手軽なものから始める

誰しもが気になる自分の口臭。身近なもので治せたらいいですよね。私がオススメする誰でもできる口臭の治し方について紹介します。

まずは、食べ物です。

口臭を治すには酸っぱいものがいいと言われています。クエン酸が豊富にあるレモンや梅干しなどを食べると菌の増殖を抑えてくれるのでおすすめです。

あとは、歯磨きなど歯のお手入れを見直します。

歯磨きとは、単に磨けばいいというわけではありません。歯の表面だけでなく隙間や歯茎の際までキレイにすることで口臭を治すことができます。

従って柔らかい歯ブラシを使い歯間まで磨きましょう。難しい場合は、デンタルフロスや歯間ブラシを併せて使うとより効果的なのでおすすめです。

あとは、食生活を見直します。脂っこい料理は口臭が強くなるので和食がおすすめです。
 

手軽に口臭予防をするには

口臭の原因は口内にあることも多いので、まずはしっかり歯磨きをすることです。職場などでも歯ブラシを持っていって歯を磨くことで口臭を減らすことにつながります。

また、食べているものによっても臭いがでることがあるので、なるべく臭いの強いものを食べることを控えるようにすると良いと思います。

他には歯磨き粉を変えるのもひとつの方法です。口臭予防のためには歯肉炎などを防ぐことができる歯磨き粉を選ぶだけでも効果があります。

定期的にうがいなどをして、口の中に汚れがたまらないようにするのも良いです。お茶などの防臭効果が強い飲み物を持ち歩くのも、ちょっと口を潤したい時に役立つ方法です。出がらしのお茶などでうがいをするのも効果があります。