1. ホーム
  2. お金を掛けない
  3. ≫お金を掛けずに口臭を予防・改善する方法-その1-

お金を掛けずに口臭を予防・改善する方法-その1-

お金を掛けずに口臭を予防、または改善する方法について、いろいろな人に聞いてみましたので、参考になりそうな物を試してみてください。

うがいこそ最大の口臭予防

オススメのお金のかからない口臭予防、それは「うがい」です。

ちょうど先日テレビで見かけたのですが「歯の裏にあてるようにうがいをすると良い」というのを見かけて早速実行してみました。

うがいと言うと、上を向いて喉で水をガラガラとするものと思いがちです。

しかし、このうがいは口の先、歯の部分で水を動かします。歯の表側裏側、前歯の部分、奥歯の部分どの場所にもまんべんなく水を通して、顔の筋肉を駆使して水を動かします。

そうすると嘘のように口の中がさっぱりしました。

私は喫煙者なせいか、歯磨きをすると歯磨き粉の泡と一緒に口の中のねばつきが沢山出てきていたのですが、このうがいをするとその粘液を水だけで綺麗に落としてくれます。

また、私は大変歯並びが悪く、歯ブラシで奥歯や八重歯の上側を磨くのに苦心していました。

しかしこのうがいなら、口の中で水を行き届かせればそのような歯ブラシの届きにくい部分でも水が入り込み汚れを落とすことができます。

口臭の元になるよごれを手早く、しかも水だけで落とすこのうがいをお勧めします。
 

口臭、二種類の原因と対処法

口臭には種類があります。
それは、生理的口臭と病的口臭です。

生理的口臭でしたら口の中が乾燥してしまった時、朝起きた時などに発生してしまう口臭です。にんにくを食べた後のニオイも病的口臭ではないので、これらが原因の口臭でしたら口を潤わせば解決します。

ガムを噛む、水を飲む、歯を磨く、唾液を分泌させることが消臭に繋がります。

生理的口臭が原因で口が臭いなと感じた場合は唾液の分泌が抑えられているだけの状態の可能性もありますよ。それでしたら水を飲むだけでも消臭の効果は得られます。
 

病的口臭は生ごみのくさったような独特なにおいです。そのような場合は口の中か内臓のどちらかが発生源だと思われます。

口の中が原因の場合、歯周病や虫歯によるものです。それ以外でしたら内臓の可能性が高いです。
 

内臓が原因の場合、胃腸などが弱っている場合が考えられます。

胃が弱ってしまう原因はストレスや暴飲暴食などです。それにより消化不良が起こり胃腸に残った食べ物が発行してニオイになるのです。

病的口臭の場合はストレスをためない事、胃に優しい食事をとること、そして運動もし新陳代謝をアップさせるのが有効です。
 

ひたすら歯磨き

朝起床したら歯磨き、ブクブクうがいをする。朝食後30分経過したらまた歯磨き、うがい。

昼食後30分経過、おやつタイム後、夕食後、とそれぞれ行う。

歯磨きは食後すぐは歯のためにも控えた方がよいと聞いたことがあります。歯磨き粉はつけなくてもいいようです。しっかりブラッシングして、口腔内の清潔を保つことが一番ではないかと思います。

ティータイムもコーヒーは控え、緑茶を飲むとよさそうです。あまり口の中が乾き過ぎないようにすることも大切だと思います。口の中がカラカラだと、結構匂いが出ます。

その他には、寝る時に口を閉じて寝ることでしょうか。鼻が詰まっていて口呼吸になると、やはり翌朝起きた時に結構匂います。これもまた、口の中が乾いてしまうことが原因でしょうか。