1. ホーム
  2. 口臭予防
  3. ≫手軽に始められる口臭を予防する方法

手軽に始められる口臭を予防する方法

手軽に始められる口臭予防法をご紹介しますが、即効性はそれほどないので、オーラクリスターゼロで口臭を防ぎつつ、手軽に始められる口臭予防法で改善していくと良いでしょう。

口臭予防法-歯磨き-

  1. 歯ブラシを持つ時は鉛筆を持つように親指と人差し指で軽く持ちましょう。強く持って磨いてしまうと歯を傷付けるので注意。
  2.  

  3. 歯ブラシする時は毛先の柔らかい物がベストです。毛先が硬いと歯茎を傷付ける恐れがあります。
  4.  

  5. 歯磨きをする時は歯と歯茎の間を磨くように丁寧に磨くようにしましょう。歯と歯の間や歯と歯茎の境目は歯垢が残りやすいので、鏡を見ながら丁寧に取り除いてください。
  6. 歯垢は口臭の原因だけでなく、歯周病や虫歯の原因でもありますので、歯ブラシだけでなく、デンタルフロス(糸ようじ)を使用すると良いでしょう。

    100円ショップにもデンタルフロスが販売されていますが切れやすいので、ドラッグストアや通販を利用して切れにくく評判の良いデンタルフロスを購入するようにしましょう。(だいたい60本入りで500円~1000円)
     

  7. 1~3までを最低でも朝食後、昼食後、夕食後、寝る前の4回は行うようにしましょう。
  8. ※寝る前の歯磨きは目覚めの口臭に効果的です。

口臭予防法-舌の掃除-

舌を鏡で見た時に真っ白になっていると口臭の可能性があるので、舌ブラシで舌を磨くようにしましょう。

約3日間舌ブラシで磨く事で綺麗に取り除く事が可能です。

口臭予防法-食事内容-

まずは口臭の原因となる食べ物をご紹介していきます。

口臭の原因となる食材にはニンニクやニラは代表的で、口臭が16時間も継続すると言われています。

その他には肉や魚介類に卵、穀物にアルコール類の飲み物、そしてお菓子や甘いジュースも口臭の原因になりますので、毎日食べているという人は控えるようにしましょう。
 

では逆に、口臭の原因になりにくい食べ物をご紹介していきます。

口臭の原因になりにくい食べ物は、野菜やキノコ類、海藻類に果物です。

主にアルカリ性食品と呼ばれる物になります。

パッと見ただけでカロリーの少ない食べ物だという事が分かりますね。これらの食材を使用して和食中心を心掛ける事で口臭が起きにくくなりますので、毎日の献立に取り入れてみてください。

口臭予防法-ガムを噛む-

唾液の分泌が少なくなると口の中が乾燥し、口臭が発生しやすくなるので、ガムを噛む事で唾液を出し、口の中の乾燥を抑えるようにしましょう。

ガム以外の方法で唾液を出す方法としては、水を飲んだり、だし昆布を口に含んだり、発声練習をするのも良いでしょう。

また、食事中はよく噛むようにするのも唾液が出るので良いし、趣味や運動など楽しむ事で副交感神経が刺激されて唾液が出るようにもなります。

口臭予防法-ストレスを溜めない-

ストレスを感じると唾液の分泌が減ると言われていますので、ストレスが溜まらないように適度に運動したり趣味の時間を作るようにして、規則正しい生活を送るようにしましょう。

口臭予防法-歯医者で確認する-

上記の予防法を実践しても効果を感じられない場合、歯周病や虫歯、膿栓という臭い玉の可能性があるので、歯医者で原因を特定してもらい、治療してもらいましょう。