初めての出産

今年の6月に初めての出産を経験しました。40週と3日でした。予定日1週間前から待ち遠しくて、そわそわ…。

予定日を過ぎても前兆がなく、病院でもまだまだと言われていた矢先、予定日から2日後の夜中にお腹に鈍い痛みを感じました。

その日はずっと不規則な陣痛が続く中で、階段の上り降りなどの軽い運動して、「早く出でおいでー」と赤ちゃんに言い聞かせてました。

産まれてくる嬉しさと同時に出産に対する不安も少しありましたが、いざ産まれるとなると不安なんて感じる余裕はありませんでした。

まだまだと言っていた先生も驚くほどの急産で、産まれた瞬間は今までの痛みを忘れるほどの感動でした。

元気に産まれてきてくれたものの、私と同じ病気がわかったり、黄疸が少しひどかったりと最初は心配ごとも多かったです。

そんな我が子も、もうすぐ4カ月を迎え、元気に泣いて笑って毎日を過ごしています。

子育てはわからないことばかりで、想像していた以上に大変ですが、子どもと一緒に私も成長していけたらと思います。

Read More

里帰りしない選択

初めての妊娠がわかった時には、すでに夫が転勤で先に向こうに行っていた時でした。仕事をしており、急な転勤だったので一緒に行くには「今月中に辞めます」みたいな退職をしなければならず、理解のある職場だったので「それでも構わないよ」と言ってくれていましたが、さすがにそんな辞め方を大変良くしてもらった職場でしたくはなく、2人で住んでいたマンションは引き払い実家から職場にしばらく通っていました。ちなみにそのマンションと実家は車で30分程で、実家と新居は飛行機や新幹線を使うような距離です。

妊娠がわかって考えた事は「里帰り出産」にするかどうか。里帰りして両親と私が双方慣れている家で過ごすのもありだし、里帰りせず親には手伝いに来てもらい、最初から自宅で過ごすのも産後の環境の変化がなく良いのかなと思いました。

私も新居に引越してから、どちらにせよ産婦人科は探さないといけないのでネットで探して検診に行った所がそれはそれはアタリの産婦人科でした。先生やスタッフも親切だったし、入院が完全個室なのもポイント高、何より入院中のご飯がおいしいとの評判で、「ここで産んでしまえ!」と分娩予約をしました。

それから時は過ぎ、里帰りをしなかった事で夫にも立ち会ってもらい無事男の子を出産。快適な入院生活後、自宅での奮闘が始まりました。父は退院して2日程で帰りましたが、母がもう少し残って手伝いをしてくれたのですが、かなり要領の悪い母・・・慣れない育児のストレスもあり、母にイライラしてばかり。退院後1週間で母が法事の為一度帰宅しましたが、もう来なくて良いと言ってしまいました。

夫は激務で全く頼りになりませんでしたので、それから私と息子の生活がスタート。本当はいけないのでしょうけど徒歩10分圏内は生後2週間から連れて出て、さっとご飯を済ませたりホカ弁を買ったりしていました。

1ヶ月検診では、ほとんどがお母さん(=赤ちゃんのおばあちゃん)連れのママばかりでタクシーで来ている中、赤ちゃんはチャイルドシートに乗せて私が運転して行きました。

こんな産後1か月の生活、びっくりされる事が多いですが、意外といけます。
里帰りしない選択も悪くないですよ。

Read More

2回の出産を経験して、今言えること

私は今まで2回出産を経験しました。やはり2回とも出産のケースが違い、同じ人間から出産しているのに不思議と全く違います。

はじめの出産は約20時間と長い陣痛と出産で本当に大変でした。自然分娩で陣痛促進剤も使用しませんでした。出産は経験したことがないので、どれが陣痛か出産か分からないし、いつまでこの痛みが続くのか分からず、ずっと不安だけが大きかったです。

最後は吸引分娩でしたが、吸引されていたのも分からないくらいの痛みでした。あの痛みを長い間ずっと耐え続けて最後にいきむということが今でも思い出すだけで苦しくなります。

そのため、2回目の出産が本当に怖かったです。またあの痛みを経験するのか・・・と不安でしたが、子どもに兄弟はつくってあげたかったし、2回目は少しは楽だと聞いていたので、少しでも楽になるよう普段から葉酸の多い食事をしたり葉酸サプリを飲むなど努力しました。

ちなみに2人目となると年齢的にダウン症にも気を付けないといけないので勉強しました。

2回目の出産は、妊娠中体を動かして食事に気をつけました。あまりつわりがなかったので、上の子と適度に遊んだり活動するようにして、一緒にスイミングにも通いました。また、ストレスをなるべくためないようにしました。そのため、2回目の出産は陣痛促進剤を使用しましたが約3時間で終了し、あっという間の出産でした。

人それぞれの出産があります。出産についてどう考え、思うかは人それぞれですが、経験して言えることは、出産して良かったということです。経験しなければ分からなかった気持ちや感情、痛みがあるから、母親になれるんだと思います。

Read More

出産の理想と現実。生と死を感じて。

出産に対して私は美しく神秘的な瞬間だとばかり思っていたので、実際の出産を経験して、そればかりが出産のイメージではないと分かりました。

理想とはかけ離れてていたというのが正直な感想です。

陣痛の痛みに襲われても、その痛みを感じながら大切にしながら出産に臨むんだという理想論は通用しません。無痛分娩を自ら希望したはずなのに、いざ陣痛に襲われると、あまりの痛さ、苦しさにもがき「死」さえ覚悟したほどです。

生まれてくる赤ちゃんの為に頑張るんだという気持ちと、もしかして死んでしまうのではないかという恐怖がごちゃまぜになり、涙が流れました。

あれほど無痛分娩を望んでいたのに、今から無痛分娩に変更できないものかと、何度も助産師さんに相談してしまいました。正直、出産はきれいごと、理想だけでは出来ないのだと感じます。1日経っても子宮口が開かず、あれほどもがき苦しんだのは人生で初めてのことであり、同時に、「死」を覚悟したこともあれが初めてだったかもしれません。本当に「生」と「死」は隣り合わせだと感じます。

ようやく分娩台に乗る事ができ、全神経を集中していきんだ時、赤ちゃんの産声が聞こえました。不思議なことに、これまでもがいていた苦しい時間が一気に記憶からなくなりました。あとはただ幸せな気持ちで一杯になったのです。

出産は大変です。でも、母になる喜びを感じたあの何とも言えない至福な時間は、一生の宝だと思います。

Read More

妊娠はタイミングが大事

妊娠したいと思ったら、まずは排卵があるか調べましょう。

基礎体温を2~3周期ほど測り、グラフをつけます。排卵がある場合は、生理が始まって2週間ほどは体温が低く、排卵がおきると体温が上昇し、次の生理まで高温が続きます。グラフ上は2つの山ができます。

この体温の変化が見られず、低温期が続く場合は無排卵が考えられます。
排卵がおきるように、病院で治療して下さい。

排卵が確認できた場合は、排卵のタイミングにあわせて、性行為を行えばいいのです。自然に妊娠するには、このタイミングが合わなければ、いくら性行為の回数を増やしても、妊娠する事はないのです。

確実に排卵のタイミングを知りたい方は、病院でも調べてくれます。また、排卵検査薬も販売しているので、利用してみるのもいいかもしれません。

妊娠できたら、次はどんな出産にするか。出産場所、様々な出産法といろいろな選択があります。少子化もあって、出産に対するこだわりも強くなっています。

しかし、妊娠中は何があるかわかりません。思い描く理想の出産ができなくても、主役は赤ちゃんである事を忘れず、赤ちゃんの誕生を第一に考える事が大切です。

情報に振り回されないで、ゆったりとお腹の赤ちゃんと過ごして下さい。

Read More

親孝行?超ワイルドに生まれた息子

私は昨年念願の第一子を出産しました。
初めての出産なので何もかもわからないことばかりでした。

たまたま検診があったのその日、産婦人科でいつものように検診を受けていると破水していることが発覚しました。
まだ予定日まであと少しあったのですが、何も心の準備もできていないままそのまま入院することになりました。

破水していることすら気づいていなかったので、もちろんその時は陣痛など何も無く陣痛促進剤を打つことになりました。
そこからがものすごく長かったです…

陣痛促進剤を打って6時間ほど経ってもまだ子宮口が全然開いていないとのことでした。
しかし、だんだん痛みが強くなってきて私の意識も朦朧とし始めました。
隣の部屋からは痛みに耐える他の妊婦さんの叫び声が聞こえてき、私はもうビクビクしていました。

最初は自然分娩で産むつもりだったのですが、そんな恐ろしい叫び声を長時間聞かされていれば自然分娩という選択肢は自然と薄れていき、結局麻酔を打ってもらい和痛分娩で産むことになりました。

看護婦さんからもういきみたくなったら呼んでくださいと言われたにも関わらず、初めての出産を迎える私にはいつぐらいにいきめばいいのかなんてわかるはずがありません。

ひたすら違和感に耐えながら我慢し続けました。そしてもうそろそろいきもうかと思って看護婦さんを呼びました。分娩台に移動しようと思い、横に寝ていた体を起こそうと少し力を入れた瞬間、なんと息子がものすごい勢いで流れ出てきました!

いきむ間もなく産まれた息子…親孝行な息子を持てて私は幸せです。
一生忘れることのできないエピソードになりました。

Read More

辛くなさそうで辛い微弱陣痛

予定日を過ぎても、なかなか産まれそうな気配がなかったので、出産前に入院する事になりました。そこで分かったのが、陣痛が弱い体質だという事。一般的には、出産というと、陣痛の痛みが大変..というイメージが強いです。しかし私は陣痛の痛みが全く無く..。

陣痛の波をモニターで確認出来るのですが、波が激しく動いていても、全く何も感じない状態でした。看護婦さんも「本当に痛くないんですか?」と驚かれる程、いつもと変わらない状態で..。

その変わり、陣痛を促す陣痛促進剤を打たれたり、膣の中に風船を入れられたり、海藻で出来た棒状のものを入れられたり..と普通の出産ならばしなくてもいいような施術もされました。これらの施術自体が痛くて..。特に風船は取り出す時ものすごく痛かったのを覚えています。

あと陣痛が無いからなのか..赤ちゃんがなかなか下に下がってきてくれず。ずっとベッドの上にあぐらをかいて座らされていました。結局出産直前には陣痛らしい痛みがきましたが、恐らく一般的な痛みよりも軽かったのだと思います。いくらいきんでも赤ちゃんが出てきてくれなくて、最終的には機材を使って引っ張られながらの出産でした。

痛みがきてからはアッという間だったので、出産時間は15分もかかっていないように感じましたが、母子手帳には出産時間23時間と記載されています。そんなに長い時間苦しんだ記憶は無いのですが..。

Read More

妊娠に安定期はない

最初に私が妊娠したのは24才の時でした。女の子が欲しかった私。しっかり女の子を授かることができました。3年後に2人目を妊娠しました。

旦那との相性がいいのか、どちらもほしい時すぐに授かることができました。妊娠すると、体が熱くなり、体がだるくなり検査薬を使う前から『これは妊娠したな』と気がつきました。味覚も変わったりもしました。

つわりは二人とも軽い方でしたが、とにかく眠くて眠くて…掃除しながら寝たり、デパートの椅子で寝たりもしちゃいました。夜も早くに寝ていました。一人目は気楽ですが、二人目の時は寝てばかりはいられない。長女の世話があるからやはりキツかったです。つわり中のお風呂がきつくて…倒れそうだった。

妊娠中時々おなかが痛くて、子宮が大きくなる痛さなのかな?いちいち赤ちゃん大丈夫かな?と不安になっていました。妊娠に安定期はないとよく聞くけど、本当になにが起きるかわからない。後期に赤ちゃんが亡くなることだってあります。なので、生まれるまで安心したことは一度もありません。不安で押し潰されそうにもなりました。二人目はおとなしくて胎動もあまりなかったのでよけい心配になっていました。妊娠って本当に心身共に大変です。

Read More

陣痛がきてからの行動

陣痛がきてからの私の行動、周りに驚かれます。
一人目の時は陣痛がきてから、旦那とランチに行きました。それからケーキを買って陣痛室で食べていました。

二人目は陣痛がきてから、DVDを返却に行って、それから電車で病院へ行きました。陣痛中の人が電車に乗ってるってすごいですよね。しかも病院が遠くて30分ほど乗っていました。破水しなくて本当に良かった。

陣痛がくるまで『陣痛に気がつかなかったらどうしよう』なんて考えていましたが、気がつくものですね。今まで感じたことのない痛さがしっかりした感覚でやってきます。

二人目は時間を計らなくても『陣痛きたー』って感じでした。夜中にきましたが、目もしっかり覚めました。人間って凄いですね。

陣痛マックスの時は本当に苦しくて『もぅ一生赤ちゃんいらない』と思ったし、消えてしまいたいくらいの痛みでした。でも、二人目も欲しくなっちゃうんだから不思議ですね。

我が家は二人とも立ち会い出産でした。飲み物くれたり汗拭いたり腰をおしたり、やはり心強かったし、大変さを見せることで私に対して尊敬の気持ちがうまれたかな?と。立ち会い出産、良かったです。簡単に生まれたなんて思われたくはありませんから。

Read More

ラズベリーリーフティーの力

陣痛の痛みにビビッていた私が妊娠後期に縋っていたもの、それは「ラズベリーリーフティー」です。(以下、ラズ茶)

ラズ茶には子宮の収縮を促進する効果があるそうで、「飲んでいたら出産がスムーズだった」という口コミを見て私も飲むことにしました。 mixiや出産育児本の出産体験談を読んでみると、結構子宮口が開かなくて苦労したとか多いんですよね。とりあえず子宮口が開けば分娩時間も短く済むだろうと安直な考えだったのですが、効果はそれなりにありました!

陣痛始まって10分間隔になるまで私は1日かかったのですが、そのタイミングで病院に行ったら子宮口6センチまで開いてました。体験談では皆1センチとか2センチの時間が長くて、なかなかお産が進まないって聞いてたのに、6センチだったら後少しじゃん!と、テンションが上がりました。

助産師さんにも夕方には生まれるよ~って言われました。さすが、ラズ茶。でも、この後私の睡眠不足と体力低下のため子宮口6センチから何も変わらず、LDRで6時間くらい唸るハメになりました(笑)

ラズ茶は通販で買うと高いし、でもマタニティグッズ売り場には売ってなくて、スーパーにもなくて色々探したんですが、結局カルディコーヒーファーム(輸入食品が置いてあるお店)で6杯分400円で買えました。さすがにハーブティーなんで葉っぱの味がして、正直私はあまりおいしいと思ったことはありませんでした。

子どものためにいいことがある!と信じて飲んでいたのが良かったのでしょうか。人によってはラズ茶飲んでも効果がなかったという方もいるかもしれません。でも初めての出産だった私が6センチまでスムーズに空いたのはやっぱりラズ茶のおかげだと思ってます。

Read More